過払い請求の基礎知識 債務整理、交通事故慰謝料

過払い金の請求権を持っている請求をする権利があります。

支払い過ぎた金利は取り戻すことが可能です!過払い金返還請求に関してお悩み・心配があれば弁護士に相談しましょう。

過払い請求の基礎知識TOP 相続手続き 忙しい時の相続手続きは司法書士

忙しい時の相続手続きは司法書士

家族は円満に相続手続きを行う事はできそうという時であっても、時間がなく平日に出かけたりする事ができない人も多いと思います。

司法書士にお願いすると、平日に行うべき相続手続きも行ってくれます。司法書士は、忙しいので代わりに行ってほしいという事で利用する事もできます。

相続手続きで争いが発生した時にだけ司法書士を利用するのではありません。相続手続きにおいて必要性を感じたなら、司法書士に連絡してみてはどうでしょうか。

相続手続きばかりを行っている司法書士であれば、きっと対応してくれる事でしょう。

手続きを代行してくれると、忙しい時に時間のやりくりを行う必要もなく、仕事に取り掛かる事ができますね。

相続手続きの中で相続税軽減ができる場合

親族の死で相続手続きを行う場合、相続税軽減される特例に関して知っておくと税金対策になるかもしれません。

相続手続きの中で、相続税が軽減されるものとしては配偶者の税額軽減が挙げられます。

これは被相続人の死後、配偶者の生活を考慮して税が軽減される仕組みで、法定相続分か課税価格が1億6000万円以内の財産であれば相続税が発生しない仕組みです。

他にも、住宅を相続する場合や未成年、障害者向けに税が軽減される特例があります。

特例を受けるためには、いくつか条件を満たしている必要があるので、分からなければ税理士に相談すると良いでしょう。

高額となる相続手続き

故人が高額な遺産を残している事もあり、その場合には高額となる相続手続きが必要となる事が予想されます。

高額となる相続手続きでは、争いになりやすい事もあるかと思われますので、本人同士で直接話をしない方がいい場合もあるかと思われます。

高額となる相続手続きについては、法律家を呼んだ上で行う事で、法的に進める事ができます。あまりにも金額が大きい相続手続きについては、みんなが慎重になる事も多い様です。

また、金額が小さい場合であったとしても相続手続きにおいて、揉め事に発展してしまう事もある様ですので、最終的に無事に終えるまで油断する事はできないでしょう。一つずつ丁寧に対応しましょう。

相続手続き依頼時の法律家への評価ポイント

相続が発生した時に頼りになるのが弁護士を始めとした法律の専門家です。

法律家は相続人からの依頼(委任)を受け、その権限の下で相続手続きを進めることができます。

相続制度については書店やインターネットで様々な情報が得られますが、実務上の手続きを進めるのは民法以外の法律(契約書の作成・土地の登記など)での経験や幅広い知識が必要です。

そのため、法律専門家を介さずに相続手続きを完了させるのは困難です。

そこで登場するのがライセンスを持った法律家ですが、相続人が依頼をしようとする法律家を評価するポイントは、単に法律事務の手続きを終わらせることができるか否かではありません。

相続手続きを依頼する法律家を評価するポイントとして、依頼人(相続人)の話をよく聞き、複数の相続人の利害をしっかり調整し、手続き完了時に相続人間にわだかまりを残さずに進められるか能力があるか否かがポイントです。

特に相続財産が大きい場合にはこの調整能力があるかどうかは重要なポイントとなります。

相続人全員が相続放棄した場合の相続手続きは?

相続人全員が相続放棄をし、被相続人の遺産を承継する者がいない場合は、家庭裁判所が選任した相続財産管理人が遺産を管理し、清算を行った上で国へ帰属させる事になる為、相続放棄以外の相続手続きは必要ありません。

ただし、相続財産管理人は被相続人の債権者や検察官などから申し立てと予納金の納付が必要となる為、専任されない場合も多くあります。

その場合、相続放棄をした者全員で、次に相続財産を管理する者(新たな法定相続人や相続財産管理人)が座管理を始めるまで、相続財産の管理を継続しなければいけません。

つまり、相続放棄をしても全員が相続放棄をした場合は、結果的に相続財産を管理する必要が生じるという事です。

自分で相続手続きをする時の苦労について

相続手続きについては親族などと揉め事がなく、スムーズに分割についてきまっていけば間に弁護士などを挟まなければならないということがありません。

しかし財産のジャンルが多岐に渡るような場合には弁護士、司法書士に依頼することオススメします。

なぜ自分で手続きをするのが大変なのかというと、相続手続きに必要な書類は基本的には市役所に要請して入手できるようなものです。

市役所というのは平日の夕方5時頃までしか開いていないので、それまでに行かなければなりません。

一般企業に勤めている人が会社帰りに行くのは厳しいので、そうなると会社を休むしかありません。

何度も休むことができないので書類集めが自分でやると大変なのです。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

相続手続き、遺言書作成に関する記事

メニュー

TOP 過払い請求 過払い大阪 過払い 交通事故弁護士 千葉交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料 相続手続き 遺言書作成 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟 大阪法律事務所 司法書士大阪

当サイト「過払い請求の基礎知識」へのお問い合わせはこちら。過払い請求や交通事故慰謝料、B型肝炎給付金訴訟、相続手続きや遺言書作成といった多くの相談を弁護士や司法書士は受け付けています。借金相談についての詳細は大阪の弁護士事務所や大阪の法律事務所へ。

過払いの基礎知識

交通事故について

相続、遺言書作成

注目記事