過払い請求の基礎知識

過払い金の請求権を持っている請求をする権利があります。

支払い過ぎた金利は取り戻すことが可能です!過払い金返還請求に関してお悩み・心配があれば弁護士に相談しましょう。

TOP B型肝炎訴訟の営業活動を行う弁護士について

目次

B型肝炎訴訟の営業活動を行う弁護士について

B型肝炎訴訟をお考えですか。B型肝炎訴訟を起こすなら、弁護士に依頼するのが一番です。B型肝炎訴訟の営業活動を行っている弁護士はたくさんいます。

弁護士と一言で言っても、分野で得手不得手があります。B型肝炎訴訟が得意な事務所に仕事を依頼するのが成功の鍵です。

過去の活動を参考に、訴訟を行ってくれる事務所を見つけましょう。

これぞという事務所を見つけたら、すぐに仕事を依頼せずに話を聞いてみましょう。事務所とも相性があります。信頼できるようなら仕事を依頼しましょう。

仕事を迅速に進めてくれそうな事務所を見つけるのがポイントです。

給付金 B型肝炎について。

2次感染におけるB型肝炎の訴訟

本人が直接集団予防接種を受けたのではなくても、B型肝炎の訴訟が可能なケースもあります。

それは、自分の母親が集団予防接種によりB型肝炎に感染していると言う方は、2次感染と言う事で訴訟を行い、救済してもらう事ができます。

しかし、その場合には母親がB型肝炎に感染しており、更に予防接種以外の原因が見当たらない場合である事が求められます。

この場合は母子感染と認定され、親のみならず、その子供も訴訟を行う事が可能となります。詳しい事については弁護士に個別に相談してみるのもいいでしょう。

もし、該当しているという方は、早く対応して、できるだけきちんと救済して措置を受けるべきです。

B型肝炎給付金に関する記事

B型肝炎を改善するには?

B型肝炎は症状に合わせて、改善していくことが大切です。

B型肝炎には急性肝炎と慢性肝炎の二種類があるのですが、急性肝炎は、比較的簡単に症状を改善できます。

食欲が低下した場合、点滴によって水分や栄養を補給する必要があるのですが、それ以外ではウイルスが排除されるのを待ちます。

しかし、劇症型肝炎になった場合は死に至ることがあるため、抗ウイルス薬を投与したり、血漿交換や血液透析などによって血液を浄化する必要があります。

一方、慢性肝炎では抗ウイルス薬を投与してもB型肝炎ウイルスを完全に排除できないため、肝硬変や発がんを抑える治療になります。

症状が安定している場合は特別な治療は必要ないのですが、お酒を控えるなど肝臓に負担をかけない生活が大切です。 健康的な生活を心がけましょう。

B型肝炎給付金は病院の記録や検査結果が必要です

B型肝炎給付金は、裁判を起こさなくてはならないので難しいものだと考えがちですが弁護士に依頼すると、スムーズに請求することができます。

B型肝炎給付金は、集団予防接種の注射器を使い回したことでB型肝炎ウィルスに感染してしまった人に国から支払われる損害賠償金のことです。

集団予防接種でB型肝炎ウィルスに感染してしまった人と集団予防接種でB型感染ウィルスに母親が感染して母子感染をした子供が証明された場合、給付金を受けられるようになります。

注意しなくてはならないのは、発症して20年経過してしまうと支給金額がとても少なくなってしまうというところです。

検査を受けたりするので費用が少しかかりますが、かかった費用も上乗せして支払われるので、持ち出しはほとんどありません。

弁護士は、B型肝炎給付金の手続きをたくさん行っていて費用の安いところを選びましょう。弁護士費用の説明と、印紙代や切手代がかかることを説明してくれます。

弁護士が決まったら、書類作成に必要な検査結果などを渡して訴訟の代行をしてもらいましょう。

感染者のためのB型肝炎給付金について

国内のB型肝炎の持続感染者は推計140万人とされています。過去における集団予防接種の際に注射器が連続使用されたことによりB型肝炎ウイルスに感染したと思われます。

また感染した方から母子感染した方もいらっしゃいます。

国ではB型肝炎ウイルスに感染した方に、病態に応じてB型肝炎給付金を支給しています。

給付の対象になる方の認定は、裁判所において提出する書類などにより確認されていきますので、B型肝炎給付金を受け取るためには国を相手とする訴訟を提起し、国との間で和解しなければなりません。

必要な書類や診断書については無料で弁護士が相談に応じてくれるサービスもありますので、ご利用することをおすすめします。

B型肝炎給付金の対象者について

昭和23年から昭和63年の間に国が行った集団予防接種において、注射器の使いまわしが原因でB型肝炎を発症された方や遺族に対して国が見舞金を支払うものがB型肝炎給付金です。

予防接種を受けた本人はもちろん、母子感染した子供も対象者となります。

子供が給付を受ける場合には母親が感染したことを証明されることが必要です。B型肝炎給付金はその後遺症の程度により、50万円から3,600万円まで給付額が異なります。

形式上、個人でも国に対して訴訟を起こす形をとることが必要で、多くの方は弁護士に相談し必要書類を揃えて申請をします。

B型肝炎給付金の支払い期限の延長について

B型肝炎給付金の存在をご存知でしょうか?昭和23年から昭和63年までの間、幼児期の集団予防接種で注射器(注射針、注射筒)を連続して使用したことが原因でB型肝炎ウィルスに感染する人が多く出てきました。

その感染者に対して、病態に応じて給付金を支払うものとしたのがこのB型肝炎給付金です。

国に対して提起し、和解をすることで支払われるとされていますが、当初この措置法成立より5年という期限が設けられていました。

その期限の延長が今年の国会を通過し、さらに5年間の平成34年まで支払われるということに決定しました。

専門弁護士がサポートしているB型肝炎給付金

現在国の責任において、B型肝炎給付金が行われています。

昭和63年1月27日まで実施されていた注射器の使い回しによる集団予防接種でB型肝炎の患者に支払われているものです。

まだ発症していないキャリアも対象者になります。またこれによる母子感染者や、遺族にも同じく対応するものです。

最大3,600万円まで支給されるもので、現在の病状に対する医療機関からの関係書類や母子感染の証拠となる書類の提出など、慣れない手続きをサポートするため、専門の弁護士が対応しています。

国からは給付金の4パーセントが別途弁護士費用として負担しているので、各弁護士事務所の依頼費用を確認しておくことです。

B型肝炎給付金と受け取るまでの期間

B型肝炎訴訟は長ければ1年くらいかかってしまうのですが、(早い人は半年と言う人もいるようです)B型肝炎給付金についてはどれくらいで振り込みがされるものなのでしょうか?またどういった所から振り込みがされるのでしょうか?

まずは訴訟が終了して和解が済んだら社会保険診療基金に必要書類を提出する必要がありますので、こちらの必要書類を全て提出してからの振り込みになります。

提出して、確認が取れ次第振り込まれますので、1週間ほどを目安にしておくといいでしょう。

また弁護士に依頼していりような場合には一度法律事務所に振り込まれることもありますので、そのあたりは事前に確認が必要になってきます。

B型肝炎給付金の対象である可能性

B型肝炎は、国が責任を認めたことで、扉が開かれました。対象となる方々であれば、手続を行うことで最高で3600万円が支払われます。

実は、B型肝炎の恐れがある方は、全国で40万人以上もいると言われています。

しかし、その多くの人が、未だ検査を受けていないため、給付金がもらえていません。

期限がありますので、知らない間に期限が過ぎているということにもなりかねません。もしかしたら、あなたも対象になっているかもしれません。

ぜひとも、一度検査してみてください。保健所で簡単にチェックできます。

給付条件に該当したら、弁護士さんに依頼して、訴訟です。さあ、あなたも給付金を勝ち取ってください。

集団予防接種によるB型肝炎

国内のB型肝炎の持続感染者数は、推定110万人から140万人と言われ、このうち集団予防接種時の注射器の連続使用により感染した人数は、約40万人にのぼります。

予防接種が原因となる感染者の方々が国に対して損害賠償を求め、訴訟を起こしました。

和解協議の結果、国と原告との間で基本合意書が締結されました。

さらに、全体の解決を図るために、特定B型肝炎ウイルス感染者給付金などの支給に関連する特別措置法が、平成24年に施行されました。

昭和23年から昭和63年までの間に予防接種を受けたことが原因で感染した方、あるいはその病気が原因で亡くなられた方の遺族に給付金が支払われることになりました。

B型肝炎訴訟給付金の説明

B型肝炎給付金訴訟は、小・中学生のときの予防接種によって、B型肝炎ウィルスに感染してしまった被害者を救済するための制度です。

給付金を受け取るためには、要件・条件があります。

要件・条件については、厚生労働省や弁護士事務所のホームページが参考になるでしょう。

国に対して、訴訟を提起する必要があるため時間もかかりますし、それなりに費用もかかります。

両親などの家族の血液検査の結果や、今まで通院した病院のカルテを提出するなど、さまざまな証拠を集める必要があり、非常に手間がかかります。

そのため、弁護士に相談・依頼することをおすすめします。

B型肝炎ウイルスに関する補償

B型肝炎ウイルスの予防接種が原因で、感染したとされる人は、国内で推定500万人と言われています。対象者には、国(厚生労働相)から容態によって、給付金が支給され、補償される制度があります。

B型肝炎ウイルスの予防接種を直接受けた人はもちろん、その親から生まれた子供も対象になることが、余り知られていません。

そのため対象者の年齢層は広く昭和20年代から、昭和40年代前半までが訴訟の対象者です。給付金は最大で3000万円が支給されます。

そのため訴訟を請け負う、弁護士のコマーシャルも増えています。そのためか、ようやく認知されるようになりました。

B型肝炎給付金について

B型肝炎という病気は、ウイルス性の肝臓の病気のことです。医師が注射器などの器具を使い回したことで、集団予防接種でウイルスに感染してしまった方や、発症はしていないけれど集団予防接種を同じ時期に受けた経験のある方は、訴訟を起こすことで給付金を受け取れます。

また、母子感染やB型肝炎が原因で亡くなってしまった方のご遺族も対象となり受け取ることができます。

感染経路によって必要書類が変わってくるので確認が必要です。

訴訟を起こし給付金を受け取ることができるのは期限があります。本来は平成29年1月12日まででしたが、延長され平成34年1月12日が請求期限となっています。

遺族によるB型肝炎給付金の請求

B型肝炎ウイルスに感染している本人でなくとも、B型肝炎給付金を請求することができるのをご存知ですか。

自覚症状が表れにくいこともあり、亡くなるまで感染していることを知らなかったという方もいます。

故人が受給対象者であった証拠を提示すれば、遺族が給付金を受給することができるのです。また、B型肝炎ウイルスに感染していると認められれば、発症していなくても受給可能です。

給付金を受け取るためには、国を相手にB型肝炎訴訟をすることになります。
証拠を提示し、裁判所で和解を結んだ後、所定機関に書類を提出して初めて給付金を受け取ることができます。

対象者であれば自動的に振り込まれるという訳ではありませんので、注意が必要です。

B型肝炎訴訟で給付金を受けるための条件

B型肝炎に感染した原因が子供のころに実施された集団予防接種という方は、国からB型肝炎給付金を支給してもらえます。

給付金をもらうためには、B型肝炎訴訟を裁判所で行って、国ごとに対して和解を促す必要があるのです。

持続してB型肝炎ウイルスに感染している方、集団予防接種を満7才までに受けた方、集団予防接種を昭和23年から昭和63年のうちに受けた方、集団予防接種以外の感染原因が無い方が条件となります。

国家賠償請求を提起するためには、素人で手続きを進めることが大変なので、まずB型肝炎問題に詳しい弁護士に依頼する必要があります。

B型肝炎給付金を受け取るためには

B型肝炎給付金について、どのような考えを持っているでしょうか。制度の内容はB型肝炎に感染した人に対して給付金を支給するということです。

もちろん誰もが対象ではなく、条件(感染経路)に合わなければいけません。多くは小さい頃に受けた集団予防接種時の注射器の使い回しが原因となっているので、自分がいつ頃予防接種を受けたのかを確認する必要があります。

また、感染していることがわかり、給付金を請求するためには、国が指定するさまざまな書類などを準備しなければなりません。

給付金の手続きは煩雑なことで知られているので、どうしても自分でおこなうのが困難な場合は、専門の弁護士に依頼してみるといいでしょう。

B型肝炎給付金の受給資格

B型肝炎患者は、国が支給するB型肝炎給付金を受給できる可能性があります。ただし、B型肝炎患者全員が貰える訳ではありません。

集団予防接種での注射器使い回しによる感染の疑いがあることが条件となります。まず、B型肝炎ウイルスの持続感染者であること。

次に、集団予防接種を満7歳までに受け、なおかつそれが1948年7月1日から1988年1月27日までの期間に該当すること。

最後に、集団予防接種以外に感染原因が無いことです。例えば、輸血を受けてB型肝炎ウイルスに感染した場合は対象外となります。

対象者は国へ訴訟を起こし、和解を結んだ後に受給手続きを行うことになります。

メニュー

TOP 過払い請求 過払い大阪 過払い 交通事故弁護士 大阪交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料 相続手続き 遺言書作成 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟 大阪法律事務所 司法書士大阪

当サイト「過払い請求の基礎知識」へのお問い合わせはこちら。過払い請求や交通事故慰謝料、B型肝炎給付金訴訟、相続手続きや遺言書作成といった多くの相談を弁護士や司法書士は受け付けています。借金相談についての詳細は大阪の弁護士事務所や大阪の法律事務所へ。

過払いの基礎知識

交通事故について

相続、遺言書作成

注目記事