過払い請求の基礎知識 債務整理、交通事故慰謝料

過払い金の請求権を持っている請求をする権利があります。

支払い過ぎた金利は取り戻すことが可能です!過払い金返還請求に関してお悩み・心配があれば弁護士に相談しましょう。

司法書士を相談先に選びたい個人再生

これから個人再生が必要かどうかという時には、本当にお金で困っている人が多いでしょう。そんな時に法律家に支払い費用がかさむというのは、本当に厳しいと思うかもしれません。

もし、できれば個人再生に関する相談を弁護士ではなく司法書士に相談したいという人もおり、その背景には司法書士の方が個人再生の相談費用が少し安価である場合があるという事が考えられます。

個人再生の事で相談した場合、司法書士によって報酬の金額は違ってきます。また、個人再生の相談費用を分けて支払う事ができる司法書士もいます。まず、司法書士に相談して、借金解決の目途がたってから、報酬の支払いができるというのであれば、さらに利用しやすいでしょう。

弁護士を通じた債権者の個人再生

大阪を拠点としている弁護士事務所では、多額の借金の背負ってしまった債権者の個人再生の相談を受け付けています。 個人再生とは裁判所に法律的な申告をすることによって、現在の借金額を大幅に減額することができる制度のことです。

この手続きにはある程度の条件があり、借金の総額が5000万円以下であり、現在している仕事などによる継続的で安定した収入が見込まれる場合、手続きをおこなうことができます。 減額量には一定の基準があり、個人が抱えている借金額によって変動します。およそ五分の一ほどまで減額され、最大で十分の一まで減額できることもあります。

個人再生を申し立ては司法書士と弁護士のどちらに依頼するか

個人再生の申し立てをする場合、司法書士か弁護士のどちらに依頼するかは申し立てをする人の状況によります。 司法書士は、裁判所に提出する個人再生の書類等の作成を中心とした書類作成代理人で手続きが終わるまでサポートしてくれます。しかし、裁判官と面談が必要となった場合は代理人として出頭できません。書類作成、提出以外は自分ですることになるため、その分費用は安いです。

弁護士は、本人の代理人として個人再生の申し立てができ、書類の作成から裁判官との面談等の手続きをすべて依頼することができます。その分費用は高いですが、法律について詳しくない人やすべてを任せたい人にはおすすめです。

裁判所における個人再生の手続きと司法書士や弁護士

裁判所において個人再生の手続きを取るためには、時に高額な費用が発生することがあります。 そこで、顧客サービスの優れている司法書士や弁護士などに対応を任せることによって、誰しも経済的なリスクに備えることが可能となります。

現在のところ、個人再生に関する相談対応が優れている法律事務所の特徴について、数多くの経済情報誌や経済新聞などで取り上げられることが増えています。 そこで、将来的なトラブルを防ぐために、いくつかのメディアの内容をチェックすることで、何時でも落ち着いて判断をすることができるといわれています。

法律事務所で頼りたい司法書士

司法書士がいる法律事務所は、東京や大阪、名古屋など大きな都市を中心にして、各都道府県に数多くあります。弁護士や行政書士など他の国家資格を有する専門家と多少の業務内容は異なるものの、個人的に抱えがちな家族間の問題や、所定の手続きが必要な遺産問題など、ありとあらゆる内容が取り扱われています。

また機関によっては、無料での相談窓口を設けているような場合もあり、気軽に利用しやすいよう工夫されています。個人的には対処できない問題が浮上した場合など、専門家を頼ることによって、よりスムーズに解決できる場合もあります。

司法書士事務所と法律事務所の違いとは

司法書士事務所と法律事務所の違いについては、法律によって明確に線引きされています。それぞれ行っている業務が異なりますので、それぞれの専門とする場所に依頼することが円滑に進められる秘訣になります。

万が一、どこに頼んでいいのかわからなくなった際には、まずインターネットで業務の確認をすることです。その上で両者の得意としている分野を知り、依頼しようとしている分野に長けている事務所に依頼することです。各事務所において気になる点を無料で、問い合わせることも可能です。その際には料金なども、しっかりと確認しておくことがポイントです。

司法書士に関する記事

過払いの基礎知識

交通事故について

相続、遺言書作成

注目記事