過払い請求の基礎知識

過払い金の請求権を持っている請求をする権利があります。

支払い過ぎた金利は取り戻すことが可能です!過払い金返還請求に関してお悩み・心配があれば弁護士に相談しましょう。

TOP 過払い請求 過払い 過払い請求の書類

過払い請求の書類

一般的にお金を借りる場合には、いつ借り入れたのか、いくら借り入れたのか、返済の際の利子の金額など、詳しい事が書かれた書類が渡される事でしょう。

これらの書類というのは、過払い請求をする時には重要になってくる事もあります。司法書士とか弁護士に提示しないといけない場合が多い様ですね。

借り入れの際に渡される書類というのは、処分しないでしっかりと残しておきましょう。トラブルにおける法的解決の際にも利用する事があります。

また、完済した後に過払い請求を行う人もいる様ですので、その様な可能性があるのであれば、たとえ完済していたとしても、捨ててしまわない様にしましょう。

しっかりと保管しておきたいですね。

債務整理と過払い金のトラブル

債務整理のリスクを考慮しながら生活をするうえで、過払い金の特徴をじっくりと理解することがポイントとなります。

近頃は、過払い請求の件数の増加について、国内で大きな話題となることがありますが、様々な経済的なトラブルを解決するために、実績のある法律事務所のスタッフから助言を受けることがおすすめです。

また、過払い金の支払額の相場について知りたいことがある場合には、まずはより多くの経験者の感想を聞き入れることによって、多忙な生活を送っている人であっても、短期間のうちに便利な知識を身に着けることが可能です。

過払いに関する記事

過払いと利息の問題について

借金の利息額について、悩みを抱えている人は、年々増加傾向にあるとされ、大阪の実績のある法律事務所に相談をしながら、きちんと問題の解決を目指すことが良いでしょう。

また、過払いの問題については、今や様々なメディアで紹介されることがありますが、短期間のうちに色々な人の体験談をチェックすることが有効です。

また、過払い請求のメリットについては、各地の法律事務所のウェブサイトなどで紹介されることがあるため、便利な知識を身につけることが大事です。

その他、早期に過払いの特徴を理解することが重要なポイントとなります。

過払い金を取り戻して元金を減らしましょう

ここ数年で認知されるようになってきた過払い金という言葉ですが、いったいどういったものなのでしょうか。

そもそも、お金を借りる時には利子という元金とは別に返済期間に応じて払うお金がありますが、その利子の利率というのは、上限が決められています。

しかし、あまり好ましくない金融業者からお金を借りる場合、その上限の利率よりも高く設定されていることがあります。

返済しているのに借金が減らず、長年積み重なると過払いという状況になります。

この過払い金を取り戻すことが過払い請求ということです。これについては、一般的に弁護士などに依頼するのが普通です。

放置しておくと過払い請求できなくなります

過去に何らかの借金を消費者金融等から受けていた場合、法律で定められた以上の金利を支払い続けていた可能性があります。

現在新しくキャッシングやカードローンを利用する場合はこのようなことはありませんが、かつては利息制限法以上の金利で貸し付けることが常態化しており、それをきちんと計算し直して払い過ぎた金利を回収することができます。

過払い請求と言いますが、ただしこの請求権は10年で失効してしまいますから、すでに払い終えて年数が経過しているとせっかく取り戻せる過払い金が取り戻せなくなってしまうのです。

ですので借金を払い終えた場合でも放置するのではなく、一度振り返ってみることをおすすめします。

過払い金と家族の対応

家族の借金の問題を早期に解決したい場合には、過払い金の返還請求の方法をきちんと理解することがおすすめです。

最近では、過払い金の総額について悩みを抱えている日本人が決して少なくないとされ、いざという時に備えて、便利な情報をキャッチすることがとても大事です。

また、過払い金のサポートの良しあしに関しては、それぞれの法律事務所のシステムによって、大きな違いが出ることがありますが、まずはいろいろな立場の人のアドバイスを参考にすることが良いでしょう。

その他、理想的な業者の選び方にこだわることがポイントとなります。

司法書士が扱える過払い

何となく借金問題と言えば弁護士というイメージを持っている人も多いと思われますが、過払いだけなどという場合には、司法書士でも十分に対応できる事もある様です。

相談するのであれば、自分が抱えている過払いの問題は弁護士でないといけないのか、もしくは司法書士でも対応できるのかという事を知る必要があります。

司法書士が扱える過払いは140万円を超えない事というはっきりとした条件があります。

この事を考慮すると、自分の過払いを弁護士に相談するか、もしくは司法書士に相談するかという事がはっきりする事もあるでしょう。

司法書士が扱える過払いは金額が一つの目安となる事もあります。ぴったりの法律家を見つけましょう。

過払い請求を弁護士か司法書士に依頼

過払い請求は自分で行うこともできますが、弁護士か司法書士に依頼して手続きしてもらうのがおすすめです。

過払い請求のみの依頼なら司法書士でも問題ありませんが、個人再生や任意整理などのその他の債務整理も同時に行うことを考えている場合は弁護士に依頼するのがベストな方法です。

依頼をするためにはまずは法律相談を予約するということから始めましょう。

最寄りの事務所に電話で問い合わせをしても良いですし、無料法律相談会に参加してみたり自治体が設置している専門の窓口を利用してみるのも良いでしょう。

過払い請求には時効の壁があり手続きが可能な期限がありますので早めに法律相談の予約をして問題の早期解決に努めましょう。

借金相談をするべき理由!過払い金の時効が迫っている時

過払い金の請求は個人でもできますが、時効が迫っている場合には、ミスをしてしまうと、いっさい請求できなくなってしまう可能性もあるので、専門家に借金相談をしておくべきでしょう。

時効は援用をしなければ成立しないものの、貸金業者が時効になっているのに援用をしないという事は起こらないでしょう。

そのほか、借金の金額がとても大きい場合などには、過払い金の金額も大きくなる傾向があるので、弁護士費用をかけてでも全額を回収しておいたほうがメリットも大きくなるでしょう。

法定利息もつけて回収ができますが、素人では正確な計算が難しくなります。

大阪、神戸で多重債務による過払い請求の相談なら

弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

メニュー

TOP 過払い請求 過払い大阪 過払い 交通事故弁護士 大阪交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料 相続手続き 遺言書作成 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟 大阪法律事務所 司法書士大阪

当サイト「過払い請求の基礎知識」へのお問い合わせはこちら。過払い請求や交通事故慰謝料、B型肝炎給付金訴訟、相続手続きや遺言書作成といった多くの相談を弁護士や司法書士は受け付けています。借金相談についての詳細は大阪の弁護士事務所や大阪の法律事務所へ。

過払いの基礎知識

交通事故について

相続、遺言書作成

注目記事