過払い請求の基礎知識

過払い金の請求権を持っている請求をする権利があります。

支払い過ぎた金利は取り戻すことが可能です!過払い金返還請求に関してお悩み・心配があれば弁護士に相談しましょう。

TOP 交通事故相談の内容

目次

交通事故相談の内容

よくある交通事故相談は慰謝料・賠償金、後遺障害の認定、死亡事故の補償、裁判、示談に関するものです。特に、交通事故の後遺障害では認定される後遺障害の等級が変わります。

それによってその後の補助される金額が変わってくるので非常に大切です。そのため、後遺障害の申請を弁護士に相談・依頼することも多くなっております。

無料交通事故相談窓口は全国に設置されています

交通事故にあったとき、賠償請求や自賠責保険、自動車保険の請求について、どこにどうやって請求すればようのか、わからないことばかりで対処できすに困るものです。

こんなときに無料で相談できる窓口が全国にあります。

交通事故相談窓口は、都道府県、政令指定都市、主要都市市役所などに設置されています。

損害保険相談や紛争解決には、国の指定を受けたサポートセンターが全国11か所に設置され、中立・公正な立場で問題の解決にあたっています。

まずは、公の交通事故相談所で相談して解決できなかった場合は、有料になりますが法の専門家である弁護士に依頼するのがいいでしょう。

交通事故の慰謝料、相談に関する記事

交通事故相談と訴訟の準備について

交通事故相談のサポートの良しあしに関しては、ここ数年のうちに多くの若者からの注目が集まっており、将来的に訴訟の準備をしっかりと行いたい場合には、依頼先の選び方にこだわることが良いでしょう。

また、交通事故相談の申し込み方については、一般の消費者にとって、速やかに理解をすることが難しいとされ、まずはなるべく多くの経験者の助言を参考にすることがおすすめです。

現在のところ、交通事故相談のメリットやデメリットに関して、各方面の媒体で特集が組まれる機会が増えてきておりますが、常日ごろから便利な情報を仕入れることが大事です。

交通事故相談と高次脳障害について

交通事故に関連するトラブルを早期に解決したい場合には、信頼のおける法律事務所の最新のサポートの内容を見極めることが大事です。

とりわけ、高次脳障害を抱えながら生活をしている人は、ここ数年のうちに増えてきており、いざという時に備えて、じっくりと法律の専門家と話し合いをすることが良いでしょう。

人気の高い交通事故相談のサービスが充実している法律事務所については、口コミサイトや情報誌などで紹介されることがあります。

そこで、まずは短期間のうちに交通事故相談の内容をチェックすることが重要なテーマとなっています。

交通事故相談を無料で受け付ける機関

交通事故相談を無料でおこなっている機関はいくつもあります。電話での無料相談を受け付けているところもありますので、けがをして動けない被害者は、有効に活用していきましょう。

電話で相談できるところで有名なのが、日弁連交通事故相談センターでしょう。相談時間は10分程度となりますが。月に一度は19時まで相談を受け付けています。

自賠責保険・共済紛争処理機構では、自賠責保険に関する質問を受け付けています。ここはフリーダイヤルです。

自賠責の被害者請求をおこなっている被害者は、ここにいろいろ尋ねることができます。

共済紛争処理機構の交通事故相談の概要やメリット

共済紛争処理機構は、指定紛争処理機関です。これは、紛争の調停を当事者から申し立てられた時に行うことができる期間です。

自賠責保険、共済保険に関する交通事故相談もフリーダイヤルで受け付けています。

損害賠償や過失の有無といったことや、後遺障害の等級認定について、紛争処理の申し立てについてなどの交通事故相談をすることができます。

意外に細かいことを相談することができますので、何か上記のことで疑問がある場合には利用すると良いでしょう。

それでもわからないときには、弁護士などの専門家を頼って疑問を解消すべきです。

交通事故相談は交通事故専門の弁護士が強い

交通事故相談は、交通事故専門の弁護士が強いので、選ぶならそちらを選びましょう。

弁護士はいろいろな領域を対象としている人と、特定の分野に絞って活動している人がいますが、後者の方が、特定領域の専門性にたけているため、事案に適したアドバイスをしてもらえる可能性が高まります。

また、実績があればなおよいです。交通事故相談をした後、弁護士に仕事を依頼するつもりの方が多いと思われますが、それなら実績がある方が、自分の問題も解決してもらえる可能性が高まります。

どれを専門としているかは、法律事務所のホームページに載っています。

加害者側の交通事故相談の大切さ

交通事故相談の対応が優れている法律事務所においては、加害者側のトラブルの対処法について、分かりやすくアドバイスが行われていることが特徴として挙げられます。

最近では、交通事故相談に対するニーズが高まっていますが、実績のあるプロの弁護士にサポートを依頼することで、難しいケースであっても、すぐに対処をすることが可能となります。

もしも、加害者の対応の取り方について迷っていることがある場合には、良心的なサービスが導入されている法律事務所の公式サイトやパンフレットなどを参考にすることで、何時でも冷静に判断をすることができます。

交通事故相談は信頼できる弁護士にしよう

交通事故が起こった際は交通事故相談をするべきです。それは加害者だけでなく、被害者も行うべきです。

交通事故が起こったときにどう対処するのがベストなのか分からない方が多いと思われるので、適切に対応するためにも重要なことになります。

交通事故は過失割合や慰謝料などの問題が要因となってトラブルになってしまうケースが多いので、交通事故相談は交通問題に強い弁護士に相談する必要があります。

その分野に強い人でないと上手く解決できない可能性があるので、費用が安いという理由で選ぶのは避けてください。

最も大事なのはスムーズに問題を解決することになります。

覚えておきたい交通事故相談センターの存在

弁護士や司法書士などの法律専門家は、交通事故に関する慰謝料請求や損害賠償の交渉などにも対応されています。

法律に関するトラブルが起こりそうな時には頼りにしたい存在でもあるものの、経費が気になるという方も多いことでしょう。

法律が関連しない金銭面での交渉や話し合いを行う時には、全国に数多く交通事故相談センターなど関連機関に相談することも可能です。

どのような悩みを抱えているか、また、どのような状況に置かれているかによって適切な処理が行われるため、ストレスなく問題に向き合うことが可能となり、より速やかな解決が目指せます。

慰謝料基準と交通事故相談

交通事故慰謝料には、自賠責基準と任意保険基準、弁護士基準があります。

運転免許を持つものは強制加入保険である自賠責保険は、国が決めた必要最小限のもので、もっとも低い金額になっています。

任意保険基準は、各保険会社が基準を決めているので基準がわかりにくく、時には自賠責基準と変わらない時もあるようです。

弁護士基準は、過去の裁判の結果を参考にして弁護士が保険会社と交渉する時に使用する基準です。

交通事故の程度によっては弁護士費用が上回る場合があるので気を付けなければなりません。

弁護士費用特約が利用できる場合は、交通事故相談など交通事故弁護士を積極的に利用するとよいでしょう。

さまざまなケースが存在する交通事故相談

交通事故にはさまざまなケースが考えられます。貰い事故のように被害者の過失がないと認められる場合もありますし、双方に問題があったとしてお互い慰謝料を支払う場合もあります。

また、歩行者と自動車の接触事故では、歩行者側の飛び出しや信号無視などでも自動車側に何割かの責任があるとして処理されます。

近年ではロードバイクでの通勤をする人も増え、接触事故が相次いでいます。

このようにさまざまなケースの交通事故相談が日々行われていますが、保険会社だけでなく交通事故弁護士にもアドバイスをもらうと、より良い対応が取れるでしょう。

交通事故相談に弁護士をつけるべき理由

交通事故の被害者となってしまった場合、ほとんどの人が何をすればよいのかわからないという事態に陥ると思われます。

そして最初に思いつくのがおそらく、保険会社に相談しようというものです。

事故を起こした相手が保険料を払っている限りは相手側の保険会社と対応することになるのですが、その際に払う各種賠償や慰謝料の額を減らすために裁判基準よりも減額され、こちら側が損をする可能性があるのです。

よってその被害を未然に防ぐには、交通事故弁護士に交通事故相談しましょう。裁判基準の正当な額を保険会社に請求できます。

自分一人で泣くよりも、法律に強い人間を味方につけることをおすすめします。

慰謝料を増額させるための交通事故相談

交通事故に遭った際に請求する慰謝料の金額は、計算方法があります。自賠責保険基準と任意保険基準、弁護士基準の3つがあります。

自賠責保険基準は、自賠責保険によって定められている基準となります。これは被害者に対して最低限の補償をするためのものです。

3つの基準の中では、最も低い金額となっています。任意保険基準は、自賠責保険基準よりは高い金額で定められていますが、保険会社によって金額は異なります。

弁護士基準は裁判の過去の判例をもとに出された基準です。交通事故相談を交通事故弁護士にすることで、請求できる金額が大幅に増額する可能性があります。

兵庫県での無料交通事故相談

兵庫県では無料での交通事故相談の窓口を紹介しております。詳しくはここ

部署名:兵庫県庁企画県民部県民生活局交通安全室

電話:078-362-9071

過失のある交通事故を相談

相手だけが一方的に問題となる交通事故を弁護士に相談する事もありますが、自分にも過失がある交通事故を相談するというケースもあります。

交通事故の相談を行う時には、事実関係をしっかりと伝える必要があります。交通事故の相談の際には、自分の過失について言いたくないという人も多いと思いますが、根本的に問題を解決する上で、事実を伝えるという事が必ず必要となります。

弁護士に相談する事で、交通事故の解決として受け取る慰謝料が適切な金額となる様、弁護士は力を尽くしてくれる事でしょう。

言葉で説明する必要がありますので、伝わりにくいのではないかと思う時には、メモなどを活用するといいでしょう。

交通事故が専門の弁護士に相談

いろんな弁護士がいますが、誰でも交通事故に関する問題を扱う事ができるという分けではありません。

特に個人や少人数で相談を受け付けている弁護士の場合には、交通事故は全く扱っていない事もあります。

弁護士に相談するのであれば、事前にホームページなどで交通事故の問題も対応してくれるか、確認しておきましょう。

また、知人の弁護士に交通事故の事を相談する事もできますが、その弁護士が交通事故の相談を受け付けているかという事は分かりません。

適切な弁護士に相談するという事が、無事に解決するためにも大事な事となります。また、こだわる人であれば、弁護士の中でも、ベテランを希望する人もいます。

大阪弁護士会

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5
大阪弁護士会館

TEL:06-6364-1248(大阪弁護士会 総合法律相談センター)

京阪中之島線「なにわ橋駅」下車 出口1から徒歩約5分
大阪市営地下鉄・京阪本線「淀屋橋駅」下車 1号出口から徒歩約10分
大阪市営地下鉄・京阪本線「北浜駅」下車 26号階段から徒歩約7分
JR東西線「北新地駅」下車 徒歩約15分

千葉県弁護士会

http://www.chiba-ben.or.jp/

〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4丁目13番9号

茨城県弁護士会

http://www.ibaben.or.jp/

〒310-0062 茨城県水戸市大町2-2-75

メニュー

TOP 過払い請求 過払い大阪 過払い 交通事故弁護士 大阪交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料 相続手続き 遺言書作成 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟 大阪法律事務所 司法書士大阪

当サイト「過払い請求の基礎知識」へのお問い合わせはこちら。過払い請求や交通事故慰謝料、B型肝炎給付金訴訟、相続手続きや遺言書作成といった多くの相談を弁護士や司法書士は受け付けています。借金相談についての詳細は大阪の弁護士事務所や大阪の法律事務所へ。

過払いの基礎知識

交通事故について

相続、遺言書作成

注目記事