過払い請求の基礎知識 債務整理、交通事故慰謝料

過払い金の請求権を持っている請求をする権利があります。

支払い過ぎた金利は取り戻すことが可能です!過払い金返還請求に関してお悩み・心配があれば弁護士に相談しましょう。

過払い請求の基礎知識TOP 過払い請求 過払い 過払い請求のメリット

過払い請求のメリット

借金の返済がとても厳しく感じるという人は、少しでも返済を楽にするための方法として、過払い請求の活用を考慮してみてはどうでしょうか。

もしかすると、残りの借金が減らせるかもしれませんね。

しかし、これは全員に該当するものではなくて、一部の人のみです。

また、金額も常に多額という事ではありません。少額の場合もあるでしょう。そのため、あまり期待できない事もあるでしょう。

しかし、どうしても返済の目処がたたない場合などには、過払い請求をする事も活用するといいかもしれません。

しかし、借金が厳しくなった時には、できるだけ法律を扱う弁護士などに相談して、根本的に解決する事を目指したいですね。

過払い金が生じる可能性

大阪の法律事務所の中には、過払い請求を専門としているところが増えてきており、借金の問題を手っ取り早く解決したい場合には、信頼のおけるスタッフに問い合わせをすることがおすすめです。

また、過払い金が発生する可能性については、それぞれの借金の金額によって、大きなバラつきが見られますが、早いうちから同年代の人々の体験談をチェックすることが有効です。

また、過払いのシステムについてわからないことがある場合には、無料相談のサービスが徹底されている法律事務所の公式サイトやパンフレットなどを参考にすることが大事です。

過払いとローンの支払い方

ローンの返済方法について迷っていることがあれば、大阪の信頼のおける法律事務所のサポートの特徴を理解することがおすすめです。現在のところ、過払い請求のタイミングについて、様々な媒体で紹介されることがありますが、短期間のうちに便利な情報をキャッチすることが大事です。

また、過払いの総額については、初心者にとってすぐに把握をすることが難しいとされ、定期的に大阪の弁護士などの専門家に対処をお願いすることが有効です。その他、実際に過払いの問題を解決した人からアドバイスを受けることで、将来的にトラブルを回避することが可能となります。

過払い金は返済中でも請求することができる

過払い金は借金の返済中でも過払い請求することができます。

そもそも過払い金というのは払い過ぎた金利であり、本来支払う必要のないお金なので、現在も借金がある人でも請求することができます。それどころか、取り戻したお金を返済に回して返済中の借金を減らすこともできます。

さらに、返ってきたお金で借金がゼロになった場合や収支がプラスになるほど戻ってきた場合には、信用情報に傷がつきません。反面、返ってきたお金で返済しきれなかった場合には任意整理扱いになるので、信用情報に履歴が残ります。

また、複数の借金がある場合は必ず過払いが発生しているものに対してのみ過払い請求を行うことも重要です。返済しきれるか不安な場合やどれが該当する借金か分からない場合は、借入時期や借入金額などの必要な情報を揃えて専門家に頼めば事前に戻ってくる金額を試算することができます。

過払いに関する取引記録の取得に関して

過払い金をクレジットカード会社に請求する時にはクレジットカード会社から取引記録を取り寄せる必要があります。過払い金の請求とはクレジットカード会社にとっては予定外の支出となる場合がほとんどで、個人で依頼しても取引記録を送付してくれる場合は少ないです。

そのため確実に取引履歴を取得するには弁護士や司法書士などの法律の専門家に依頼する必要があります。弁護士や司法書士に取引履歴の請求や過払い金の請求をした場合、一社あたり二万円程度の価格で依頼する事ができます。成功報酬なのでお金が取り戻せなかった場合にはお金は必要ありません。

過払い金の違法業者について

過払い金に関するトラブルを未然に防ぐためには、各地の違法業者の現状をきちんと理解することが欠かせない課題として扱われています。特に、信頼のおける貸金業者の見分け方については、一般の消費者にとって、速やかに判断をすることが難しいといわれています。

そこで、実際に過払い金の問題を解決した人からアドバイスを受けることによって、生活を安定させることが可能となります。その他、同じような立場の人々と意見を交換することによって、空き時間を使いながら、それぞれの法律事務所のサービスの良しあしを見極めることができます。

弁護士を選んで過払い請求

弁護士という肩書のある人であれば、過払い請求の相談をするという事は法律の観点から考えた場合には可能ですが、実際には弁護士の中で過払い請求を全く扱っていない人もいる様ですので、その様な弁護士に過払い請求の相談をしても、専門外となり対応してもらえない事もあるかと思われます。

ですので、過払い請求を行うのであれば、弁護士をしっかりと選ぶという事が大事になってきます。過払い請求を多く担当してきた弁護士であれば、経験やノウハウが豊富であるという事が予想されますので、よりベストな結果を得やすいという事が考えられます。選ぶ作業については人任せにする事はできませんので、自分でしっかり行いましょう。

多額の過払い請求は弁護士に相談

すでに多額の過払い請求ができるという事が把握できている場合には、ぜひ弁護士に相談してはどうでしょうか。過払い請求をして戻って来る金額が高額だという場合には、借入の金額も大きい場合が多いと考えられますので、その場合には弁護士でないと対応できないケースも多いでしょう。

多額の過払い請求を弁護士に相談すると、早速弁護士に取り戻すための手続きを行ってもらう事ができます。しかし、多額の過払い請求ができると分かっていても、弁護士に相談もせず、何もしないままであれば、時効が過ぎて結局取り戻せないという事も考えられます。ですので、過払い請求をして解決したいという場合には、自分からアクションを起こす様にしましょう。

土日対応を行う弁護士に過払い請求を

できれば過払い請求の相談をしたいけれど、平日は仕事をしているのでどうしても遅くなるなら弁護士事務所に行く事ができないという人も結構多いのではないでしょうか。しかし、そんな人であっても土日に過払い請求の相談を受け付けている弁護士であれば、休みの日を利用して相談する事もできます。

弁護士が営業している曜日や、過払い請求を得意としているかどうかという点を考慮して探すといいでしょう。また、過払い請求を専門としている弁護士は多いと思われますが、あまりにも事務所が遠いなどという場合には、相談する事が厳しい場合も考えられますが、弁護士が出張相談などを行ってくれる場合には、過払い請求の相談を無事にする事ができるでしょう。

過払いで個人の多重債務者が救われることがある

多重債務者となってしまった個人は、返済が困難になっています。しかし、場合によっては解消することができます。それは、過払いが発生している場合です。現在新たに借り入れをしても、グレーゾーン金利は撤廃されているため過払いの発生は起こりませんが、借金をし始めたのがそれよりも以前ならば、払いすぎている可能性があります。

そうすると、返還を業者に求めることで、借金がすくなくなったり、ゼロになったうえまとまって帰ってくることがあります。そのため、多重債務に陥っていて、昔から借り入れをしている人は、弁護士に相談するなどして、過払いの有無をチェックすると良いでしょう。

大阪、神戸で多重債務による過払い請求の相談なら

弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

過払いに関する記事

メニュー

TOP 過払い請求 過払い大阪 交通事故弁護士 千葉交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料 相続手続き 遺言書作成 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟 大阪法律事務所 司法書士大阪

当サイト「過払い請求の基礎知識」へのお問い合わせはこちら。過払い請求や交通事故慰謝料、B型肝炎給付金訴訟、相続手続きや遺言書作成といった多くの相談を弁護士や司法書士は受け付けています。借金相談についての詳細は大阪の弁護士事務所や千葉の法律事務所へ。

過払いの基礎知識

交通事故について

相続、遺言書作成

注目記事