過払い請求の基礎知識 債務整理、交通事故慰謝料

過払い金の請求権を持っている請求をする権利があります。

支払い過ぎた金利は取り戻すことが可能です!過払い金返還請求に関してお悩み・心配があれば弁護士に相談しましょう。

過払い請求の基礎知識TOP 過払い請求 過払い請求で必要な費用の相場

目次

過払い請求で必要な費用の相場

もし過払い請求を行うのであればいくらの費用が必要か、具体的な金額を出すには細かくケース別に見積もりを出さないと難しいかもしれません。

だいたい知っておきたいという程度であれば、過払い請求の費用の相場を調べてみてはどうでしょうか。

相場の価格というのはかなり参考になる場合もあるかと思います。

一概にこうであるとも言い切れませんが、少し余裕を持って過払い請求の費用を用意しておきたいですね。

しかし、訴訟を考えているのであれば、相場をかなり超えてしまう事もあるかと思います。

相場が分かれば費用について不安に感じることも少ないかと思いますが、いろんなケースがあると言う事を忘れてはいけません。

過払いと借金の返済について

過払い請求の利点についてきちんと理解をしたい場合には、信頼のおける法律事務所のサポートの仕組みをチェックすることが良いでしょう。

現在のところ、大阪の人気のある法律事務所の特徴について、数多くの雑誌やテレビ番組などで紹介されることがあるため、借金の返済をスムーズに行うために、便利な情報を集めることがオススメです。

また、過払いのリスクを考慮するうえで、いくつかのポイントをきちんと抑えておくことが大事です。

その他、過払いのトラブルを未然に回避したい場合には、弁護士などのプロに相談を持ち掛けることが肝心です。

過払いの金利の相場について

過払い請求のポイントをきちんと理解するにあたり、大阪の人気のある法律事務所のサービスの良しあしをきちんと理解することが有効です。

近頃は、貸金業者の金利について興味を持っている人が少なくありませんが、まずは過払いのリスクを冷静に考えることが重要な事柄として挙げられます。

また、需要の高い法律事務所の取り組み方については、ネット上で度々ピックアップされることがあるため、もしも過払いのトラブルを早期に解決したい場合には、いざという時の為に、積極的に情報収集をすることが欠かせないテーマとして位置付けられています。

過払い請求後の借入は可能?

最近では借金の返済を済ませた人が過払い返還についてお知らせするような広告が増えていますが、次に気になってくるのが、過払い返還請求後に借入ができるのかどうかです。

過払い請求後にキャッシングの借入ができるかできないかは、自分の信用情報に事故情報が載っているか載っているかどうかでほぼ決まってきます。

実は、全社完済した後に過払い請求をした場合は事故情報にはならないので、自分の信用情報に傷がつくことはありません。

交通事故情報が確実に付かないようにしたい場合は、全てを完済し終わってから返還請求することが望ましいでしょう。

過払い金と貸付額の大きさ

過払い金の金額について悩みを抱えている場合には、信頼度の高い法律事務所の無料相談のサービスを利用することがおすすめです。

現在のところ、貸付額の高さに注目をしている人が少なくありませんが、いざという時に備えて、便利な情報をキャッチすることが良いでしょう。

また、過払い金のサービスの内容に関しては、一般の消費者にとって判断が難しいことがありますが、同じような立場の人の意見を参考にすることが望ましいといえます。

その他、過払い金の計算方法をマスターするために、色々なタイプの人の体験談をチェックすることがとても効果的です。

過払い金返還請求における有効期限切れに注意

貸金業者に対して過払い金がある場合返金請求をすることができます。これは民法で定められており、法律的には債権といいます。

この債券は永久的に存在するものではなく有効期限があります。この有効期限内に手続きをしないと期限切れとなり権利が消滅してしまいます。

さて、この過払い金返還請求の有効期限は10年と定められています。

具体的には借金を完済した時点から講師できるようになりますので、最終取引日から10年間は過払い金の返還請求を行うことができます。

完済している場合でも10年とさかのぼって請求できるので、弁護士等に確認だけでもしてもらう価値はあります。

過払いを行う

クレジットカートは過払いを行ったすぐ後に作成する事ができるかどうか、という事が気になっている人もいる様ですね。結論から言えば今では可能の様です。

今では、過払いを行っただけでは信用情報に傷がつく事はなくなりました。つまりブラックリストに載ってしまう事はありません。

しかし、過払いと他の任意整理や個人再生、そして自己破産などと同時に行う事もできますが、その場合には名前が載りますので、その期間はクレジットカードの審査が通らない事もあります。

一旦ブラックリストに載ると永久に名前が消えないという分けではなく、決められた期間の間だけ掲載されています。

その期間を過ぎれば、自由に金融機関も利用する事ができる様になるそうです。本当の事が分からずに不安になっている人は正しい知識を付けたいですね。

書類がない過払い請求も弁護士相談

書類を紛失してしまっている場合や、処分してしまっている場合には、過払い請求の事で弁護士相談をする事をためらってしまう人もいるかと思われますが、その様な場合においても問題なく相談する事ができます。

過払い請求の事で弁護士に相談すると、金融機関に対して取引履歴を開示してもらえる様に書類を送ります。

しかし、過払い請求において書類があると、この様な作業を行う事なく弁護士がすぐに手続きに取り掛かる事ができます。

そのため、過払い請求において必要となる事が予想される書類がある場合には、事前に用意して弁護士相談を行うのが好ましいでしょう。

過払い請求を弁護士に相談するなら、印鑑が必要になる場合が多い様です。

任意整理で免責と過払い金を手に入れる

過払い金を受け取る資格のある人は、意外に多いものです。とくに債務整理の必要がある多重債務者ほど、そのチャンスがあります。

なぜなら、長年にわたって利息の金利を払い続けているからです。

債務整理の中で、任意整理を選べば、債務が一部免責になるだけではなく、過払い金を手にすることも可能です。

場合によっては、支払うべき残りの債務と相殺できたり、プラス収支になることすらあります。

この際の手続きは、自分で行うには手間とリスクを伴いますので、専門家の力を借りるのが最善です。

任意整理を勧めて、免責と過払い金の一挙両得を目指しましょう。

過払い請求は誰に依頼するのか

過払い請求を相談する相手には、弁護士と司法書士があります。しかし、相談者の過払い金の額によって、相談できる相手が変わってきます。

消費者金融やクレジット会社などからの借金や、過払い金が140万円以下の場合は、司法書士が業者との交渉や訴訟をおこなうことができます。

消費者金融などからの借金や、過払い金が140万円よりも多い場合は、弁護士に相談します。逆に弁護士には金額の制限はありません。

また、多数の業者から借金がある場合には、全ての消費者金融やクレジット会社で過払い金が発生していない場合もあり、自己破産といった債務整理をすすめられる場合もあります。

過払い請求のメリット

過払い請求は自己破産した後でも請求が可能です。ただ過払い金が破産手続きにより免責となるはずの債務の分が減らされることになります。

出来る限りの自己破産の申し立ての前に過払い金回収を完了させた方が、事後処理がスムーズなようです。

そもそも過払い金は、カードローンなどで貸金業者に支払い過ぎた利息のことです。

長い間、貸金業者に借り入れのある方は、過払い金があるか、一度調べて見た方がいいです。全国に無料で相談に乗ってくれる弁護士事務所もあります。

また、行政にも相談してみるのもいいです。一人で悩まず、まずは誰かに相談してみてください。

クレジットカードでの過払い請求

過払い金は、消費者金融などからのグレーゾーン金利での利息の支払いをしていた時に発生しており、過払い請求をすることで払いすぎていた分の利息の返還などを要求できます。

消費者金融のほかにも、クレジットカードを利用しているなら、過払い金が発生しているケースがあります。

クレジットカードには、キャッシング枠とショッピング枠があります。キャッシング枠の利用経験がある場合には、過払い金が発生しているかもしれません。

キャッシング枠で引き出すお金というのは、カード会社から借りている状態となるからです。

多数の会社から借りて返して、を繰り返していると、自己破産をする必要が出てきます。

過払い請求あるある

陽子:こんにちわ。桂子

桂子:こんにちわ。陽子、最近どうしてる?

陽子:子供が中学生になったから働き始めたのよ。

桂子:そうなの?どこで働いているの?

陽子:大阪の北浜の司法書士事務所でなんだけど。

桂子:そうなの?で、司法書士事務所で何しているの?

陽子:結婚する前に司法書士事務所で働いていたから、また司法書士事務所で事務しているのよ?

桂子:そうなの?司法書士事務所って登記とかやってる?

陽子:そうよ。登記や借金問題の相談などをやっているのよ。うちの勤めている司法書士事務所は過払いや個人再生などが強いみたいよ。

桂子:そうなの?

陽子:あ、それと相続。最近は相続の相談が多いみたい。

桂子:そっか、早く帰れるの?

陽子:普通のOLと変わらないわよ。若い子は遅いみたいだけど。

桂子:そっか。よかったね。

陽子:過払いや個人再生の相談のお客さんって知らない?

桂子:知らないわよ。そんなの?

陽子:そっか。そうだよね。

桂子:ごめんね。

大阪、神戸で多重債務による過払い請求の相談なら

弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

グレーゾーン金利と過払い請求

現在適応されている法律とは異なり、以前は借金の利息に関する法律が複雑でグレーゾーン金利に該当している人も少なくありませんでした。このグレーゾーン金利に該当すると、どうなるかといえば、結果としてたくさん利子を支払っている事になりますので、余分な分は過払いをする事で、取り戻す手続きを行う事ができます。

グレーゾーン金利に該当している場合には、過払い請求を行う事ができますが、誰もその事を知らせてくれる分けではありません。

過払い請求を行いたいなら、自分で法律家の元を訪れる必要があります。過払いが気になっている人は、詳しい事について調べてみましょう。過払い請求を行って成功するといいでしょう。

気軽に行う過払い請求

債務整理の一環として行われる事もある過払いですが、借金の返済においてトラブルがあった人以外でも、この手続きを行う場合があります。

また、過払い金返還請求というのは、返済中のタイミングはもちろんですが、支払いをすべて終えている場合でも、行う事ができます。そのため、過払い請求は気軽に行っている人が多い様です。

過払い請求は、一応期限が決まっており、時効が過ぎない様にする必要があります。しかし、それさえ守れば、好きなタイミングで行う事ができます。

多忙な人であれば、できるだけ空き時間がある時に過払い金返還請求を行う事もできるでしょう。手続きを行う事が面倒に感じる場合でも、後回しにせず早期に行いましょう。

過払いに関する記事

メニュー

TOP 過払い請求 過払い大阪 過払い 交通事故弁護士 千葉交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料 相続手続き 遺言書作成 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟 大阪法律事務所 司法書士大阪

当サイト「過払い請求の基礎知識」へのお問い合わせはこちら。過払い請求や交通事故慰謝料、B型肝炎給付金訴訟、相続手続きや遺言書作成といった多くの相談を弁護士や司法書士は受け付けています。借金相談についての詳細は大阪の弁護士事務所や大阪の法律事務所へ。

過払いの基礎知識

交通事故について

相続、遺言書作成

注目記事