過払い請求の基礎知識 債務整理、交通事故慰謝料

過払い金の請求権を持っている請求をする権利があります。

支払い過ぎた金利は取り戻すことが可能です!過払い金返還請求に関してお悩み・心配があれば弁護士に相談しましょう。

任意整理や過払い金返還請求の相談は司法書士でもOK

複数の消費者金融やクレジット会社からの借り入れによって多重債務の状態となっている場合には、急いで任意整理や過払い金返還請求などといった債務整理手続きを行う必要があります。完全に支払いの目途が立たないのであれば自己破産ということになるのですが、その相談は司法書士も対応しています。

司法書士は裁判所に提出する書類を作成することができます。自己破産の申立書も同様に作成可能です。相談内容次第では申立書作成の依頼をすることも可能です。

ただし、弁護士と違い代理能力はありません。あくまでも申立書の作成のみですので裁判所での申請等は申立者本人が行う必要があります。

利息制限法以上の利息を払っていたなら過払い請求

グレーゾーン金利とは、かつて存在していた、利息制限法は超えるけれど出資法の罰則を受ける規定の上限を超えていない範囲の金利です。当初は有効と考えられていましたが、判例で否定されました。

その結果、現在ではグレーゾーン金利は撤廃されています。しかし、撤廃されてもすでに支払っていた分はなくなるわけではありませんから、払いすぎていた分は過払いとなり、過払い請求をして返してもらうことができます。

この請求権は、債権的なものであるため、10年で消滅時効によりなくなります。したがって、最期に取引をしてから10年がたとうとしている人は、急いで過払いの請求をすべきです。

多重債務を抱えているなら過払い相談をしよう

多重債務を抱えているなら過払い相談をしてください。過払いとは、払いすぎた利息のことを言います。法律が改正されて、借金の際の利子の上限が低くなり、払いすぎたお金が戻ってくることになっているのです。

しかし、こちらから申請をしなければなりません。弁護士や司法書士であれば真摯に対応してくれます。無料で相談にのってくれる事務所もありますから利用してみましょう。借金の悩みはひとりで抱え込まず、その道のプロフェッショナルに話をすることが大切です。いくら戻ってくるかを計算してくれる法律事務所が人気となっています。

弁護士に過払い請求を依頼して超過した金利を取り戻す

過払い請求の手続きは個人的に貸金業者を相手に手続きをすることもできますが、弁護士に依頼をしてすべて任せるのがベストな方法です。計算をしたり書類を作成したり貸金業者と交渉をしたりなどの事務作業を一人で行うとなると膨大な手間と時間を要します。

貸金業者は過払い請求の対応に慣れているため、駆け引きに負けてしまう可能性もあります。ですので、円滑に確実に手続きを進めるためには法律のプロである弁護士に頼るのがおすすめです。

過払い請求には時効があり、最後の取引日から10年が経過すると手続きをすることが不可能になってしまいますので、早めに手続きをして払い過ぎた超過分の金利を取り戻しましょう。

損をしない過払い金請求とは

過払い金請求をする時に、いくら取り戻せれば損をしないのかは気になるところです。大阪や神戸などの関西圏では弁護士などの法律家に過払い金請求を依頼するケースが多くなっていますが、すると法律家に支払う報酬が発生するため、返還金額と報酬費用を相殺して考えなくてはいけません。法律家に支払う報酬の相場は1件当たり2~3万円が着手金となり、加えて返還された額の20%が成功報酬とされています。

そのため報酬によってマイナスになれば返還請求を依頼する意味はなく、また、返還額の3割~5割の返還が平均とされているので、それも視野に入れて検討しましょう。

シミュレーションができる過払い請求

実は、過払い請求における金額というのは、弁護士に相談しないと全く分からないという分けではなくて、自分でもシミュレーションする程度であれば、把握する事ができます。大まかであったとしても、過払い請求について事前に把握する事ができれば、その情報を活かす事ができるでしょう。

過払い請求を行う予定の人は、まずシミュレーションを活用してみてはどうでしょうか。過払い請求のシミュレーションはオンラインから簡単に行う事ができます。その結果、過払い請求で多額の金額が戻って来るという事が判明すれば、早速請求を行ってみるといいでしょう。なるべく利用できる便利なものは最大限に活用するのもいいでしょう。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

過払いに関する記事

当サイト「過払い請求の基礎知識」へのお問い合わせはこちら。過払い請求や交通事故慰謝料、B型肝炎給付金訴訟、相続手続きや遺言書作成といった多くの相談を弁護士や司法書士は受け付けています。借金相談についての詳細は大阪の弁護士事務所や千葉の法律事務所へ。

過払いの基礎知識

交通事故について

相続、遺言書作成

注目記事